賞名

平成22年よんでひとまろ柿本人麿大賞

参考

短歌自動作成

短歌の作り方

募集時期(締め切り)

平成22年5月末日(必着)

作品

■一般の部
所定の用紙あるいはA4サイズの原稿用紙を使用。
用紙の右より、楷書で、作品、〒、住所、氏名、年齢、性別
電話番号、入金方法、学生の場合は学校名、学年、発表会の参加・不参加を明記

■中・高の部
一人2首まで。はがき使用、あるいは学校ごとに原稿をまとめての応募も可。
(作品、作者名とともに学校名と指導者名、連絡先を明記のこと)
携帯電話からも投稿可能。[hitomaro@eventscramble.jp]に空メールを送信。
返信メール記載のURLにアクセスし、投稿。
投稿料
■一般の部
1000円(5首一組)、何組でも応募可。
作品と一緒に定額小為替(ゆうちょ銀)、現金書留で郵送するか、
振替(ゆうちょ銀)あるいは銀行振込の場合は下記へ送金。(作品は別途郵送)
◇郵便小為替・郵便書留の場合=作品と一緒に、
〒556?8662(住所不要)
産経新聞社事務局内「柿本人麻呂麿大賞」係
?06?6633?9274
◇振替(ゆうちょ銀)の場合=青色の振込用紙を使用し、作品は別途郵送
口座番号00920?7?242641 加入者名=株式会社産業経済新聞社
◇銀行振込の場合=三菱東京UFJ銀行堂島支店 普通口座1017095
■中・高の部
無料(一人2首まで)
問合せ・応募先
〒556?8662(住所不要)
産経新聞社事務局内「柿本人麻呂麿大賞」係
?06?6633?9274
メール受付:hitomaro@sankei.co.jp

選考委員

■一般の部 篠弘(日本現代詩歌文学館館長)
■中・高の部 尾崎まゆみ(現代歌人協会会員)

主催

人麻呂のまちづくり推進協議会




おすすめの記事